トレイリフォーム工事

車いすの方もご利用できる、入口ひろびろなトイレへリフォーム♪

ひざに負担のかかる和式便器→座りやすい洋式便器に!
BEFORE

施工前洋式トイレ

医療施設の、施工前のトイレです。
使用回数が多いので、フロアや壁に汚れが目立ってきていました。

個室のひとつを車いすの方が利用できるようリフォームしたい、とのご希望でした。

AFTER

和式から洋式に

便器のリフォームのほか、フロア、壁の貼り替えも行いました。

車いすの方も利用しやすい、出入口扉の広く開くトイレも新しく設置。

車いす用トイレ

◆多目的トイレ

扉が広く開き、コンパクトに折りたたむ折り戸のトイレを新設しました。

L字の手すりをトイレ左側に設置しています。

車いすの方も利用のしやすい、広いスペースのトイレです!

便座はTOTOのアプリコットPを使用しています。

施工の様子

施工前洋式トイレ

施工前のトイレの様子です。

施工前和式トイレ

二つの個室トイレのうち、一つは和式トイレでした。

施工前暖房

暖房も交換していきます。

施工前小便器

施工前の小便器です。

施工前手洗い

手洗いボウルです。こちらと小便器は、壁・フロアのみ貼り替えます。

施工前入口

トイレの入り口部分です。

写真正面に見える壁を壊して、車いす用のトイレを新設していきます。

施工中1

壁や扉の施工を進めると同時に、床も剥がします。

施工中2

旧便器は取りはずしていきます。

クロス貼り替え

小便器も取り外し、フロア・クロスを施工していきます。

クロス貼り替え

壁材はアイカ工業のセラールを使用しています。

施工後小便器

一度取りはずした小便器、手すりなどを付け直します。

◆森永バスコ ハイボーイ

森永バスコハイボーイ

森永エンジニアリング株式会社の暖房システム、森永バスコハイボーイを施工しました。

壁面のわずかなスペースを有効活用できる、スマートでスタイリッシュなデザインです。

ヨーロッパの家庭でも高い人気を誇り、優れたインテリア暖房としての機能も魅力の一つです。

◆DAIKEN hapia

車いす出入り可能入口

多目的トイレにはDAIKEN、hapia (ハピア) の折戸ドアを施工しました。

ダイケンhapia折り戸

入室の有無を伝える明かり窓がついています。

ハピア/安全設計

指挟みしにくい安全設計

開閉する際、折れ部に隙間がないため指挟みの心配がありません。

ハピア/取手

レバーを少し下げるだけで簡単に開閉ができます

一般のレバーハンドル(30°)に対して、わずかに動かす(約10°)だけでドアを開閉できるショートストロークレバーハンドルを採用。高齢者や力の弱い方をはじめ、車イスの方にも楽に操作できます。

ハピア/折り戸ドア

少しの力で、なめらかに開閉します

吊車方式を採用しているため、非常に軽い力で開閉することができます。また、開閉時のデッドスペースが従来のドアに比べ約1/3と小さいので、開閉時に立ち位置を移動する必要がありません。

まとめ

車いす用トイレ

使いやすく、見た目もすっきりとリフォームしました!

車いすの方も利用しやすくなりました(^^♪

沢山の方が使いやすいトイレへとリフォーム出来ました。

お問い合わせはこちら

関連のリフォーム施工事例を見る