物置代わりに使う車庫の下に、マンションのバルコニーに敷く床材(バルコニータイル)を敷き込みました。
無機質なアスファルトからタイルを敷くことで、きれいな空間に変わりました。

今回はコストパフォーマンスの高い、積水化学工業の『クレガーレ』の樹脂タイプを採用しています。

イタリア語で「創造する」という意味の「CREARE」と、「連結する・繋ぐ」という意味の「LEGARE」という単語を組み合わせて作られた積水化学工業の造語です。
人と自然を繋げられるように、そして、連結して床に敷き詰められたこの製品が、暮らしの中に新しいバルコニーライフを創りだせるように、という願いが表されています。

無機質なアスファルトの空間から、人の出入りがしやすく、生活がしやすい空間へとなりました!!

今回の施工の担当職人は、若手エースの菅原です。
実力派の菅原、仕事は丁寧迅速です!!

タイルは基本的にただ敷いていくだけですが、端の納まりはプロらしくカットして隙間なく仕上げました!!

隙間なくキッチリ施工完了です!!

タイル建材として、TOTOの『BASEA(バーセア)』やLIXILの『セライージー』も取扱いしています。
コストパフォーマンス、デザインなどお客様のご希望に合わせて、プランニング致します。
分譲マンションのオプション工事等実績もたくさんありますので安心してご依頼ください。
まずはお見積りから。お待ちしております!!

お問い合わせはこちら

関連のリフォーム施工事例を見る