川島織物セルコンショールームにて、カーテンの勉強会を開きました!

織物を中心に、カーテンも取り扱っていらっしゃる川島織物セルコンのショールームにて、勉強会を開きました。

オーダーカーテンについて理解を深めるため、カーテン事業部でない営業も、全員参加します。

内容はもちろん、カーテンについてです! 川島織物セルコンの社員さんにお話を伺って参りました(*^-^*)

勉強会の様子

ショールームにて勉強会を行ったので、周りはカーテンに囲まれております…!

お話を聞きながら実物を見ることが出来るので、大変わかりやすかったです。

形状安定加工についてのお話をされています!

気になる柄でもあったのか、興味深くカーテンを眺める営業メンバーです。

カーテンの種類、各部名称といった基本的なことから、サイズを測るときの注意点、等級による機能性の違いなど…理解を深めると、もしものお客様の要望にも応えることが出来ます!

カーテンは壁の面積を大きく占めるので、お部屋によってはかなり大事なインテリア!

新築やリフォームの際に、カーテンを新しくするお客様も多いそう。

ウィンドートリートメントの種類

◆ プレーンシェード

カーテン、と聞くと、左右に開閉するような、両開きあるいは片開きなものをイメージするかと思います。

しかし、カーテンの中にも種類があり、窓まわりの装飾であるウィンドートリートメントという枠組みになると、更に種類は増えます。

画像は、最近人気なローマンシェード

ショールームに入ってすぐのところに展示されていました。

ローマンシェードには二種類あり、上記のものは『プレーンシェード』といいます。

裏をぺらりとめくってみると…こんな感じ。

やわらかい生地が折り重なっていくことで、開閉ができます。

ちなみに!こちらはツインシェードという商品になっており、後ろに見えているレース生地も同じく折り重ねて開閉することが出来ます。

◆ シャープシェイド

ローマンシェードのもう一つの種類が、こちらの『シャープシェード』

プレーンシェードはやや たわみ のある折りたたまれ方になりますが、シャープシェードはより直線的な折りたたまれ方をしています。

シャープ、という名前がついているだけありますね!

こちらも裏側を見てみましょう!

やや分かりにくいですが、シャープシェードの場合は折り目に沿ってバーが縫い付けられています。

バーがあるからこそ、きちっとした折りたたまれ方になります。

通常ブラインド

◆ ブラインド

ブラインドももちろん、ウィンドートリートメントの一つ。

こちらは一般的なブラインドですが、ちょっと変わった高性能のブラインドも最近人気です!

それがこちらのブラインド!

普通のブラインドとの違いが分かるでしょうか…?

ブラインド幅違いますが、そこではありません!

通常のブラインドは、昇降コードを通す為の穴が開いていますが…、

パーフェクトシルキー2

こちらは、穴が開いていません!

穴の開いていないブラインドのポイント!

通常のブラインドは、閉じていても昇降コードを通す穴から光が漏れてしまいます。

穴が開いていないのブラインドは、通常のものより遮光性が高いのが特徴です!

またコードを通していない為、羽を一枚一枚取り外すことができ、お手入れもラクラクにできます!

折れてしまった、破損してしまった場合の交換もカンタンです。

素敵なカーテンがたくさんありました!

川島織物セルコンショールーム

ショールームには様々な柄、色のカーテンが並んでいました。

壁一面カーテンで埋まっており、それだけでも圧倒されます!

川島織物セルコンショールーム2

ショールームのカーテンをめくると…

その奥にもカーテンが!更にめくると…

またカーテンがありました!

このような感じで、三列になって展示されていました!

かなり見ごたえがあり、あっという間に時間が過ぎてしまいます(*^-^*)

ちなみに、レースカーテンも沢山ありました!

レース調のフリフリしたものから、花柄、シンプルなストライプ・ドッド柄など、見ていて楽しいです。

(画像以外の場所にもあります)

いくつか生地をご紹介!

ケルニクFF1103

ケルニクFF1103です。写真だとちょっと分かりにくいのですが、四色のジグザグ模様の、色ごとに質感が違っています!

エザーゴFF1090

エザーゴFF1090です。落ち着いた色合いですが、金色の部分がきらきらと光るため、ゴージャスさも感じさせます。

グラフィオリアFF1192です。鮮やかな花柄のレースカーテンです。レースカーテンをメインにして、ドレープカーテンを落ち着いたものにするのも良いですよね!

FT6297 全体模様

FT6297です。

先ほど、プレーンシェードでも使用されていた生地です。

ドッドのたくさんある部分、すくない部分があるカーテンですが…

FT6297 カーテン

ドッドの沢山ある部分が谷になっている為、カーテンを閉じた状態にすると全て一定のドッド柄であるかのように見えます。

面白い生地だなあと、一人感心していました…!

Unit Rug(ユニットラグ)

ユニットラグ 看板

川島織物セルコンで取り扱っているユニットラグも大変おススメです!

手洗いのできるラグカーペットで、毛の長いものから短いものまでご用意しております。

一年前についたというコーヒーの染みを水で流すところを見させて頂きましたが…カンタンに落ちてました!

(種類によって機能は変わります)

裏には滑り止めがついておりズレにくく、キッチンマットにもおすすめです!

お問い合わせはこちら